ロボット
綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

高齢者の見守りを人感センサーで行うロボットが販売されています。

価格も約30000円で購入でき、スマホで通知を確認できるため、月々の費用をかけずに高齢者の見守りができます!

 

BOCCO(ボッコ)

ロボット

BOCCO(ボッコ)はお子さん向けの見守りロボットですが、高齢者の見守りロボットとしても利用できます。

そこで、BOCCO(ボッコ)の見守りロボットとしての機能を紹介します。

 



 

通知はスマホへ

ボッコはセンサーが感知するとスマホに通知が届きます。

また、ボッコに利用できるセンサーは数種類用意されているため、用途により選択できます。

ボッコは人感センサー以外にも、鍵センサーや部屋センサーなど多様なシリーズを用意しています。

 

多彩なセンサー

BOCCO(ボッコ)は小さな積み木センサーを付け替えるだけで、さまざまな通知をスマホに受け取ることができます。

利用方法は様々ですが、トイレの扉にセンサーを取り付けておくだけでも開閉通知が確認できます。

ちなみに、センサーはそれぞれ3980円で販売されています。

いくつかを組み合わせでも良いですし、人感センサーだけを導入しても利用できます。

 

部屋センサー

BOCCO(ボッコ)は部屋の状態を感知し、状況をスマホに通知してくれます。

部屋の温度や部屋の明かりなど、遠隔地でも部屋の状況が確認できます。

ですので、高齢者の家に設置することで、熱中症や、夜になっても電気がつかないなど以上を確認することができます。

 

鍵センサー

鍵センサーを利用すれば高齢者が出かけたかどうか?などのログを確認できます。

 

ボッコの購入方法

ボッコは公式サイトで購入できます。

数量限定キャンペーン実施中です。



インターネット回線が必要

ボッコのセンサーはインターネット経由でスマホに通知します。

ですので、高齢者のためにボッコを利用する場合にはインターネット回線が必要になります。

ちなみに、インターネット回線は戸建ての場合月額5000円前後となっています。

管理人も利用しているエキサイト光なら、月額4700円で利用できます。

これからインターネット回線を契約する方はチェックしてください。