初期費用コストがかからない見守り人感センサー
綜合警備保障 ホームセキュリティ 【資料請求】

パナソニックの見守り人感センサーはホームユニットを導入する必要があり、そこそこ初期コストがかかります。

そこで、初期コストを掛けずに人感センサーを導入したい方にプラネックスの人感センサーを紹介します。

 

プラネックス

プラネックスの人感センサーはコンセントに直接接続するタイプの人感センサーでホームユニットは不要です。

Wi-Fiに接続することで国内サーバー上にデータが蓄積されます。

 

 

メリット

  • 電池交換不要
  • コンセントから電源供給
  • ホームユニット不要
  • 初期費用が安い
  • 国内サーバーで安心

 

デメリット

  • Wi-Fi必須
  • インターネット回線必須

 

購入方法

プラネックスの人感センサーはアマゾンで購入できます。

PLANEX USB直接給電型WiFiどこでもセンサー PIR どこでも人感センサー WS-USB02-PIR

新品価格
¥3,980から
(2019/2/19 05:18時点)

 

インターネット回線の料金

人感センサーはインターネット経由で情報を確認するため、高齢者のご自宅にもインターネット回線が必要になります。

インターネット回線は光回線を利用した場合には月額5000円前後かかることになります。

ですので、人感センサーは初期費用が掛らなくても結局はインターネット回線の通信料金が必要になります・・・・。

ちなみに、管理人も利用しているエキサイト光は月額4700円で利用できます。

最低利用期間もありませんし、数年後利用料金が上がる心配もありません。