高齢者見守りサービス

当サイトは高齢者の見守りービスについて紹介しているサイトです。

 

高齢者見守りサービスとは

高齢者見守りサービスは高齢者の安否や安全面を確認するためのサービスです。

企業によって異なりますが、高齢者が日ごろの生活を元気に暮らせているのか?または、何かあったときに迅速に対処してくれるサービスが用意されています。

 

高齢者見守りサービスの重要性

高齢化社会がすすむにつれて高齢者の一人暮らしが増えています。

また、高齢者の一人暮らしは孤独死にもつながるなど問題になっています。

高齢者見守りサービスを利用することで、高齢者の異常を知ることもできますし、緊急時に対応してくれるサービスもあります。

 

選び方

高齢者の見守りサービスと一言で言っても、サービスにより目的が異なります。

ですので、どのように高齢者を見守りたいのか?から利用するサービスを選ぶことをおすすめします。

 

映像で見守りたい

  • IOTの見守りカメラ

 

生活環境から見守りたい

  • 電力会社の見守りサービス

 

定期的に高齢者の状況を知りたい

  • 郵便局の見守りサービス

 

緊急時にも対応して欲しい

  • 警備会社の見守りサービス

 

映像で見守る

映像で高齢者を見守りたい場合、遠隔でライブ映像を視聴できるカメラの設置があります。

映像で高齢者を見守る場合、インターネット経由でライブ映像で高齢者を確認できるメリットがあります。

しかし、ライブ映像のためプライバシーの問題や、何か起きた場合に対処ができないデメリットなどがあります。

また、インターネット経由で映像を送信するため、インターネット回線が必要になります。

 

メリット

  • リアルタイムに状況が把握できる
  • 初期投資が比較的安い

 

デメリット

  • 緊急時に対処できない
  • インターネット回線の固定費がかかる

 

 

 

電力会社の見守りサービス

ポット

電力会社の見守りサービスは、使用している電気量から高齢者を見守るサービスです。

生活に密着した炊飯器、掃除機、洗濯機、エアコンなどの電力使用状況から高齢者を見守ることができます。

 

メリット

  • プライバシーが守られる
  • 生活リズムを把握できる

 

デメリット

  • サービスの固定費用が掛る
  • 緊急時に対応できない



 

警備会社の見守りサービス

警備会社

見守りサービスと一言で言っても、見守る方法がいくつかありますが、警備会社の見守りサービスは緊急時に駆け付けてくれる点が安心できます。

IOTを利用した見守りサービスは何かあった時にすぐに対応できません。

もし高齢者が倒れた時、そのまま放置されてしまった場合命にかかわる可能性もあります。

そんなことがないように、高齢者の安心安全を第一に考えるのであれば警備会社の見守りサービスを利用しましょう。

 

メリット

  • 緊急時に駆け付けてくれる
  • 防犯面も安心
  • 高齢者が心配なら警備会社の見守りサービスがおすすめ!

 

デメリット

  • 月額固定費がそこそこかかる

 

セコムの見守りサービス

セコムの高齢者見守りサービスは高齢者の動きを検知する機器や何かあったときにボタン一つでセコムに通知が良くサービスなど、行き届いたサービスを提供しています。

また、セコムの場合、高齢者の見守りと同時に火災や防犯面もカバーされているメリットがあります。

さらに、セコムは緊急出動拠点が日本で一番多い警備会社です。

高齢者に異常が起きた場合、いち早く駆けつけることができます。

セコムの高齢者見守りサービスは、スマホで状況確認もできるので、緊急時以外にも安心できるサービスです。

メリット

  • 高齢者の日常をセンサーで検知
  • ボタン一つで緊急出動
  • スマホで確認できる
  • 緊急出動拠点ナンバー1だから安心
  • 火災も含まれるコミコミプラン
  • 防犯も同時にカバー

デメリット

セコムの高齢者見守りサービスのデメリットは多少費用が割高になる点です。

とは言え、高齢者に何かあってもすぐに駆け付けてくれるサービスですので、多少の金額は仕方がないことだと思います。

無料資料請求

セコムでは高齢者見守りサービスについての資料が可能です。

 

無料資料請求はこちら⇒多彩なサービスで24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ



 

ALSOKの見守りサービス

ALSOKの高齢者見守りサービスは基本的なプランにオプションを追加する形式を採用しています。

メリット

ALSOKの高齢者見守りサービスは初期費用を安く導入できるメリットがあります。

ただし、セコムの様な見守りサービスではないため、内容をしっかりと把握したうえで利用しないとコストが悪い場合があります。

デメリット

ALSOKの高齢者見守りサービスはオプションを付属することで費用が割高になります・・・。

セコムの場合には含まれているサービスも、ALSOKの場合にはオプション契約となっています・・・。

ですので、コストパフォーマンスはあまりよくありません・・・。

無料資料請求

ALSOKでは高齢者見守りサービスについての資料請求が可能です。

 

資料請求はこちら⇒24時間365日安心【ALSOK】



 

郵便局の見守りサービス

郵便局の高齢者見守りサービスは、郵便局の担当者が月に1度高齢者を直接訪問し、質問事項に関した内容をメールにて送信するサービスです。

郵便局の高齢者見守りサービスは月額2500円となっています。

 

メリット

郵便局の高齢者見守りサービスは月に1度、直接担当者が足を運び高齢者と対話をして質問事項について連絡をしてくれます。

そのため、高齢者が元気なのか?毎月の状況を知ることができます。

 

デメリット

郵便局の高齢者見守りサービスは月に1度、直接訪問してくれますが、訪問日以外には全く見守られていません・・・。

ただ単に高齢者の近況を報告してくれるサービスとなっているため、日常で何か問題が起こっても察知することはできません・・・。

 

 

ドコモの見守りサービス

ドコモの高齢者見守りサービスは「おるすばんカメラ」というサービスで、「家のあんしんアプリ」とスマホやタブレットのカメラを利用して高齢者の動きを把握するサービスです。

カメラを利用しますが、撮影は行わずに行動を察知し、一定時間動きがない場合にメールでお知らせするサービスです。

ドコモで提供しているサービスですが、ドコモ以外の携帯でも契約できるサービスです。

※2019年5月31日にてサービス終了しました。

 

メリット

ドコモの高齢者見守りサービスは100円から利用できるコストパフォーマンスの良いサービスです。

対応端末があればすぐにでも利用を開始できます。

手軽に高齢者の安否を確認するにはドコモの高齢者見守りサービスはコストパフォーマンスが良いのでおすすめです!

 

デメリット

ドコモの高齢者見守りサービスのデメリットは、対応したスマホやタブレットを用意する必要があります。

また、見守れる内容は一定時間動きがあるのか?無いのか?です。

つまり、万が一何か起こっても、動きがない事が分かるまで放置されてしまいます・・・。

ですので、持病や発作などの不安がある方にはおすすめできないサービスです。

あくまで元気な高齢者の方の安否確認として利用しましょう。

 

 

富士通

富士通の高齢者見守りサービスは一般向けには提供されておらず、事業者向けに提供されているサービスです。

高齢者住宅や介護施設などに提供されています。

ですので、個人で契約することはできないようです。

 

パナソニックの見守りサービス

パナソニックの見守りサービスはカメラ、人感センサーなどが利用できます。

最近耳にするIOTといわれる家電をインターネットでつなげることにより、遠方からでも高齢者を見守ることができます。

一度環境設定をしてしまえば固定費用が掛りません。

また、エアコンの温度設定などが遠隔で設定できます。

夏場の熱中症などに配慮できるメリットがあります。

 

サービス内容

カメラ
通話アプリ
人感センサー
温度センサー

 

メリット

  • サービス自体の固定費用が掛らない
  • 通話可能
  • 人感センサーで状況を把握できる
  • 温度センサーで熱中症対策

 

デメリット

  • 初期費用が掛る
  • 高齢者に何かがあっても対応が遅れる可能性がある
  • インターネット回線が必要

 

 

ソニーの見守りサービス

ソニーが提供している見守りサービスは高齢者からお子さんまで家庭の見守りを提供するサービスです。

こちらもソニーが提供しているIOTで高齢者を見守ることができるサービスです。

新規加入キャンペーン適応で月額2980円から利用できます。

パナソニックの見守りサービスに競合するサービスのようですが、固定費がかかる点が異なります。

唯一違う点は、ソニーのWi-FiもりようできてIOTが利用できるため、他社のようにWi-Fiを別途用意する必要がありません。

 

サービス内容

カメラ
通話アプリ
人感センサー ×
温度センサー ×

 

メリット

  • 通話可能
  • 人感センサー可能
  • Wi-Fiがついている!

 

デメリット

  • 固定費がかかる

 



月額料金比較

高齢者見守りサービスの月額料金を比較してみました。

比較した月額料金はインターネット回線料金は含まれていません。

見守りサービス 月額
セコム 4700円(レンタルプラン)
ALSOK 2960円(初期費用0円プラン)
郵便局 2500円
パナソニック なし
ソニー 2980円

 

駆け付けサービス比較

高齢者見守りサービスの中で駆け付け対応サービスの比較表です。

高齢者の緊急時に駆け付けてくれると何かあった時にも安心です。

サービス名 駆け付けサービス
セコム
ALSOK
郵便局 ×
パナソニック ×
ソニー 〇(セコム)

 

センサー対応比較

高齢者見守りサービスで人感センサーに対応してるサービスの比較です。

人感センサーはトイレの開閉などに取り付けることで、一定時間反応がない場合に異常と感知するシステムです。

サービス名 センサー
セコム オプション
ALSOK オプション
郵便局 ×
パナソニック
ソニー

 

緊急ボタン対応比較

高齢者見守りサービスで緊急ボタンに対応しているかどうか?についての比較です。

基本的に警備会社の高齢者見守りサービスは緊急ボタンが標準で搭載されています。

また、携帯できる緊急ボタンはオプションで用意されています。

携帯型の緊急ボタンは家の中で倒れた時などに緊急通報できるシステムです。

サービス名 緊急ボタン
セコム
ALSOK
郵便局 ×
パナソニック ×
ソニー ×

 

資料請求

警備会社の高齢者見守りサービスは無料資料請求ができます。

気になる場合には資料請求をして比べてみましょう。

 

セコム



 

ALSOK